男性は結婚を決めた相手に対しては、3本の指輪を用意しないといけません。

一つ目は婚約指輪、そして次に結婚指輪です。

ちなみに婚約指輪というのは、男性が女性に対して結婚をするための証として手渡すものです。

では結婚指輪というのは、一体どのような意味があるのでしょうか?もしくは婚約する際にすでに指輪を渡しているのだから、また改めて結婚指輪を渡す必要はないのではないでしょうか。

実は結婚指輪とは、きちんとした意味というのがあって、それは晴れて結婚すると決めた夫婦が、実際の結婚式で交換するペアの指輪という意味があるのです。

ちなみに最近の人気というのは、より個性を求めるという方が増えてきており、プラチナとか金などの素材で出来ているシンプルなデザインの結婚指輪が一番人気となっています。

また結婚指輪にはもう一つ違った一面があります。

それは結婚した後には、多くの方がそのまま結婚指輪を普段からはめたまま普通に過ごすので、あ~あの人、薬指に指輪をはめているから結婚している方なんだなと周囲に知らせるきっかけにもなるのです。

要するに結婚指輪というのは、結婚したカップルの愛の証でもありますが、結婚指輪というのは、私はすでに結婚している既婚者なのです…こういった風に周囲に知らせることが出来るきっかけにもなるのです。

このように結婚指輪と婚約指輪には違いがありますが、指輪には双方それぞれにきちんとした意味があったのです。

参考サイト:結婚指輪ドットコム